1. TOP
  2. 取扱製品
  3. Fluke-Ti25/Ti10

Fluke-Ti25/Ti10 IR-Fusion サーモグラフィー

Fluke-Ti25/Ti10 IR-Fusion サーモグラフィー

これまでにない低価格、高機能(可視・熱画像)、操作性に優れ、丈夫なハンディータイプのサーモグラフィーカメラです。

サーモグラフィーが身近になる価格の実現
Ti10
Ti25


  • 製品紹介

  • IR-Fusionテクノロジー

  • 画像保存媒体 SDカード

  • カメラ機能

  • 仕様

製品紹介

Fluke-Ti25/Ti10 IR-Fusion サーモグラフィー 製品特長紹介

  1. 記録用SDメモリスロット
    記録用メモリにSDメモリを採用。
    ビットマップ形式、編集・分析可能な
    フルークのソフト用形式と選択して
    記録可能。2Gメモリ標準装備。
  2. AC電源ポート
    付属のACアダプターを接続することで、
    AC駆動、バッテリーの充電ができます。
  3. レンズ保護カバー
    可視・熱画像レンズを保護する
    レンズカバー。
    本体に取り付け済みカバーで
    紛失等も防止。
  4. 録音用マイク・スピーカー
    現場でメモと画像と共に
    音声で記録できます。
    内臓スピーカーにより
    その場でも確認できます。(Ti25/TiR2)
  1. 大型ディスプレイ
    5.1cm×7.6cmの
    大型LCDディスプレイを採用
  2. IR Fusionテクノロジー
    フルーク独自の
    IR Fusion機能搭載フル熱画像、
    ピクチャーインピクチャー、ブレンディング、
    フル可視画像の表示・撮影ができます。
  3. 現場に適した強度
    IP54の防塵・防滴構造
    2mの落下試験に合格した堅牢な構造
  4. すぐれた操作性
    3つのメニュー・操作ボタンと、
    撮影用トリガーで容易な操作と、
    片手操作を実現

PAGE TOP

IR-Fusionテクノロジー

IR-Fusionテクノロジーはフルーク独自技術の可視画像と熱画像を重ね合わせて表示する技術です。可視画像は、熱画像の2倍広い視野で撮影しており、熱画像の周りの可視画像を同時に表示するピクチャー・イン・ピクチャーと、可視画像と重ねた熱画像の透明度を変更して可視画像を透かしてみるブレンディングがあります。また、PCソフト上で、熱アラームを使って、上下限の閾値を超えた部分だけ可視画像に熱画像の色をつけたり、熱画像の閾値を超えた部分を可視画像表示にすることができます。
分析ソフトウェアSmartViewでは、IR-Fusion機能を使った表示のほか、レポートに熱画像と可視画像を並べて表示することができます。

  • フル熱画像モード

    フル熱画像モード
    全画面に熱画像を表示するモード

  • フル可視画像モード

    フル可視画像モード
    全画面に可視画像を表示するモード

  • 自動重ね合わせモード

    自動重ね合わせモード
    可視画像に熱画像を重ね合わせるモード。簡単なメニュー操作でフル熱画像からフル可視画像への重ね合わせオプションに移行できます。熱画像領域の特定が容易で、熱画像のみでは異常個所(発熱箇所など)がわかりにくい場合に有効です。

  • ピクチャー・イン・ピクチャー・モード
  • ピクチャー・イン・
    ピクチャー・モード

    可視画像の中に熱画像を入れ込むモード。画像の中央に熱画像、その周囲に可視画像を表示します。

PAGE TOP

画像保存媒体SDカード

画像保存媒体は、SDメモリーカードを採用。標準で2GBカードが装備しています。画像保存ファイル形式は、カメラ上でPCの汎用形式のビットマップ形式と専用ソフト用のIS2形式を選択することができます。
Ti25では、IS2形式で保存する際に音声メモも一緒に保存することができます。

PAGE TOP

カメラ機能

Fluke-Ti25/Ti10 IR-Fusion サーモグラフィー カメラ機能

画像の撮影

  1. 対象物をとらえる
    • レンズカバーが上がっていることを確認
    • レンズと対象物ができるだけ水平
    • 一般的に40度くらいの角度までフォーカスを合わせる
    • フォーカスリングを回して調整します
    • フォーカスが合わないと正しく分析ができません
  2. トリガーを引く
    • トリガーを引いてディスプレイ上に画像をホールド

フル可視画像の場合

  1. Ti10/25 IR-Fusionサーモグフラフィーフル可視画像

    Ti10/25
    IR-Fusionサーモグフラフィー
    最も画像の輪郭がシャープになるところに調整します。
  2. 他社製品 フル可視画像

    他社製品
    フォーカスが合っていません。
    輪郭がぼやけています。

ブレンディング(Ti25)の場合

  1. Ti25 IR-Fusionサーモグフラフィーブレンディング画像

    Ti25
    IR-Fusionサーモグフラフィー
    背景の可視画像と一致するところに調整します。
  2. 他社製品 ブレンディング画像

    他社製品
    フォーカスが合っていません。
    背景画像と熱画像がずれています。

ディスプレイ表示

Ti25/10 IR-Fusionサーモグフラフィー ディスプレイ画面

  1. 熱画像上の最低・最大温度のポイント
    (Ti25/R1のみ)
  2. 熱画像上の最低・最大温度
    (Ti25/R1のみ)
  3. スパン&レベルのモード表示
    自動/手動
  4. スパン:
    測定画面上の表示可能温度幅
    自動:
    画面上の最低・最高温度を検知して
    測定状況に自動に調整します。
    手動:
    スパンを設定して測定時は固定。
    コントラストを強調する際有用です。
  1. 時間
  2. 中心点の温度
  3. 中心点
  4. 日付

分析・レポートソフトウェア SmartView

分析・レポートソフトウェア SmartView

分析・レポート用ソフトウェア SmartViewが標準装備しています。IS2形式で保存した画像は、ソフトウェア上で分析することができます。また、IR-Fusion機能もソフト上で変更することができます。レポートは、熱画像と可視画像を並べて作成できます。

PAGE TOP

仕様

  Ti10/TiR Ti25/TiR1

熱画像性能

検出素子 160×120 2次元非冷却センター
視野角度(FOV) 23°(H)×17°(V)
空間分解能(IFOV) 2.50 mrad
最小焦点距離 15cm(熱画像)、46cm(可視画像)
温度分解能(NETDD) ≦0.2℃ at 30℃/
<0.1℃ at 30℃
≦0.1℃ at 30℃/
<0.07℃ at 30℃
フレームレート 9Hz
フォーカス マニュアル
測定波長 7.5μm~14μm

カメラモード

全熱画像
可視画像画像 640×480
ピクチャーインク
ブレンディング

温度測定

温度レンジ -20~250℃/
-20~100℃
-20~350℃/
-20~100℃
確度 ±5℃ or 5% ±2℃ or 2%
放射率補正 0.1~1.0(0.01ステップ)

測定モード

中心点
温・冷ポイント
注釈 音声 60秒/枚

画像表示

ディスプレイ 3.6"
パレットの種類 4 6
  Ti10/TiR Ti25/TiR1

画像保存

メモリ媒体 2G SDカード 1200枚(IS2)/3000枚(BTM)
画像保存形式 BMP,IS2
対応画像ファイル形 BMP,JPG,GIF,PNG,TIF,WMF,EXIF,EMF

IMAGER FEATURES

フル熱画像
ソフトウェア SmartView

環境条件・設計

作動温度 -10~+50℃
保存温度 -20~+50℃
湿度 10% to 90% non-condensing
防滴・防塵保護等級 IP54
衝撃
振動
25G,IEC 68-2-29(各面1m落下)
2G,IEC 68-2-6
重さ 1.2kg
サイズ 267×127×152mm
保障期間 2年

電源

電池タイプ 充電電池
連続使用時間 3-4時間
充電時間 2時間
AC電源駆動
自動電源OFF
スリープモード

PAGE TOP